昨日からのカンヌのCMを続ける前に、少し面白いデータを見つけたので、こちらを先に紹介します。ツイッターが明らかにした所によると、今回のサッカー・ワールド・カップでのハッシュタグで断トツに多かったのは#USAだったのですって。

やっぱり、知らず知らず燃えていたアメリカン?

オールツイッターが報じています(2014年6月27日午前12時投稿)。

The #WorldCup On Twitter: 300 Million Tweets (And Counting) [STATS]

 

 

サイトよりチャートを引用させて貰いました。#World Cupと言うハッシュタグ付きでのつぶやきは、毎秒3億だったのですって!

 

さ、3億…。

ツイッターでは、グループのステージが決まった時点で鍵となる指標を観察していました。その結果、この3億という数字が判明したとしています。

なお、 この3億ですがグループでの試合が始まってからのペースなんですって。

で、個別の試合を観てみますと、ブラジル対クロアチア戦の開幕試合 (3-1でブラジルが勝利) が最も盛り上がったそうで、つぶやき数が実に1220万。マルセロがゴールを決めた瞬間は1分当たり37万8085件のつぶやきがあったのですって。

もっとも、つぶやかれた選手で言えば、アルゼンチンのリオネル・メッシの方が上だったそうです。

再びサイトから引用させて頂きます。

The #WorldCup On Twitter: 300 Million Tweets (And Counting) [STATS]

 

で、今回の記事タイトルの話なのですが、こういうのってハッシュタグと言わず、ハッシュフラグ( hashflags)と言うのですってね。主催国のブラジルが盛り上がるのは当然なんでしょうけど、それをも上回っていたのが#USA。へ〜って感じ。やっぱり、ツイッターがアメリカ発のサービスだからでしょうか。

 

The #WorldCup On Twitter: 300 Million Tweets (And Counting) [STATS]

いずれもソースはツイッター(Twitter)からだそうです。…それにしても、日本勢が見当たらない。やはり、1次リーグ敗退が大きかったのかなぁ?